浴衣にピッタリ!超簡単!100均ハンカチで巾着袋を作ってみた!

以前「王様のブランチ」で紹介された「浴衣にピッタリ!簡単に出来る巾着袋の作り方」を写真入りで紹介します。

「王様のブランチ」で紹介された手造りの巾着

以前、TBSの「王様のブランチ」で、浴衣の特集をやった時に新川優愛ちゃんが作った巾着を作ってみました。

用意するもの 費用は、300円(税抜き)!

用意するのは、取っ手になる輪好きな生地(ハンカチなど)だけです。

・「取手になる輪」(直径12㎝)2つ…(セット)300円
・「布」(50㎝×50㎝)…100円

この取っ手は、スーパーの片隅にある裁縫コーナーで、布は、100円均一のバンダナコーナーで見つけました。
※最近は輪っかも100均で売ってますね。

取っ手や、布の大きさを幾つか変えて作ってみましたが この輪の大きさに対して、この布の大きさが、一番バランスが良かったような気がします。

簡単!巾着の作り方

1…最初に1つの輪を布の中心に載せます

2…輪の上に上の両端を写真のように置きます。

3…両端を輪の中にくぐらせ下から上に出します。

4…両方共10㎝ぐらい引っ張り出したら、結びます。

※結ぶ位置は輪の上1/3ぐらいが目安です。(輪は2/3ぐらい出ている)

こんな感じになります。↓

今度は下半分を作ります。

5…同じように、もう一つの輪も中心に置いて

6…両端を中から外に出して…

7…結びます。

※結ぶ位置は輪の下1/3ぐらいが目安です。

8…出来上がり!

中はこんな感じ

財布などを入れてみる…

生地の質にもよりますが、100均で買った生地でもそれほど、中身の形が表にひびきませんネ。
いい感じです。

整えました…

偶然ですが、裏が白地で結び目がいいアクセントになりました。

作る時のポイント

・結び目は「縦結び」にならないように、気をつけて下さい。
・結ぶ時、輪から引っ張り出す布の長さや、結ぶ位置によって袋の大きさが多少変わります。

作っている時はあれ、こんなんでいいのかな?と思ったりしますが、ちゃんと整えるとこんなに可愛い巾着が出来ますよ。

制作後の大きさ

直径約12センチの輪と布50×50で作ると…
縦…約26センチ、横約…18センチになります。

結構、物は入ります。

浴衣なんだから、何も高額な和装のバックを買う必要はありません。

浴衣ですから、バックもそれほど高価なものを持つ必要はありません。
かと言って、外歩きなら、やっぱりハンカチやスマホや財布ぐらいは必要です。

でも決して胸元や、袖には入れないように!
・胸元に入れると着崩れします
・袖に入れたら落とします

小物入れとしての袋も、こんな感じなら気楽に持ち歩けるのではないでしょうか。

こんな時に作っちゃおう!

気に入った和装バックが見つからない時。
浴衣に似合いそうなハンカチがあった時。
浴衣用のバックを買いに行く時間がない時。

輪っかが二つあるだけで、布を自由に選べるし、次回に浴衣を着る時は別の布で作ればまた違った雰囲気になります。

布を選ぶポイントは
・浴衣の色合いに合わせる
・浴衣の柄に合わせる
・和柄なら、ほぼ何でもOK

夏の絵、スイカや風鈴などの絵が入っていても素敵ですね。
輪の大きさ、布の大きさを変えれば、大きさも変えられます。

他バージョン(100均)

◯ハンカチ
輪:直径12センチ
布:53センチ×53センチ

◯風呂敷
輪:直径12センチ
布:49センチ×49センチ