花火やお祭り以外に「浴衣を着ていきたい場所」の話

前に、浴衣は、洋服でいうところの「カジュアル」だから、「ジーンズにTシャツ」という風な捉え方でいい、と書きました。

でも「カジュアル」と言っただけではピンと来ない方もいるかもしれませんね。
では、花火や祭り以外にどんなところに着ていくことができるの?

…という事で浴衣姿の女性が「見られる」ことを意識した場所をピックアップしてみました。

「浴衣をみせる」「浴衣が似合う」場所

花火やお祭りは、わかるけど…
“じゃぁ、あと浴衣で行けるのどこ?”って声が聞こえてきます。

ある意味浴衣は、普段着ることが少ないので、着てみると自分が綺麗になった気分になります。だから「もう少し見せたい」「見てもらいたい」という気持ちが湧いてくるのもわかります。

思いつく場所をいくつかあげてみましょう。

「ビアガーデン」で女子会

私なら、第1のおすすめは「ビアガーデン」ですね。

ビアガーデンは、多くの人が集まるところです。
浴衣は結構注目されやすいので、彼氏がいない女の子の女子会にはうってつけです。

男子は女性の浴衣姿が大好きです。
彼氏がいない女子皆で浴衣を着て、ちょっと騒ぐだけで絶対注目されますよ。

「ショッピング」で魅せる

第2のおすすめは「ショッピング」

洋服の試着はできないけど、本屋さん、インテリアショップなど、ゆっくり、じっくり物を選んだり見たりする場所での、着物姿の女性は、ちょっとイイですよね。

浴衣を着ているだけで、おしとやかに知性的に見えるから不思議です。
ちょっと高い所の本を取ろうとすると袖口から細い腕がちらと見えると、男性は…ドキッとします。

「お寺」「神社」でインスタ映え

着物が似合う場所、と言ってこれほど似合う場所もないでしょうね。
恋愛成就、パワースポットなどで有名な神社やお寺めぐりはおすすめです。

お守りを持ったり、参拝しているところ、おみくじを結ぶ姿…など、建物、手洗い場、鳥居、木々などをバックにすれば、いい写真になるでしょう。

「魅せる」こんな浴衣はいかがですか?

花火や飲み会とは違い、こんな「魅せる浴衣」を着てショッピングなどはいかがですか?

帯チェンジで第2弾!浴衣 セット レディース 浴衣 3点セット(浴衣/帯/下駄)鉄紺 先染め風ベージュ 牡丹 ぼたん 菊 きく 綿麻 麻混 特選 リネン 古典柄 モダン 粋 り 浴衣セット ゆかた 女性 レトロ 大正ロマン フリーサイズ(B)

紺地に白のボタン柄。
帯も白でシンプルで、おとなしい日本女性をイメージさせます。

帯一つで、若くも地味にもなるので、これ1枚あれば長く着られ重宝する浴衣です。

これなら、ちょっとした「bar」にも合いそうですね。
(※もちろんドレスコードのないバーに限ります)

まとめ

私田舎にいたころは、お盆の墓参りには浴衣を着ていく人が結構いました。
父も母も私も着ました。(アニキたちは着ませんでしたが…)
でも、最近は、ほとんど見かけなくなりましたね。

着物のイメージは「和」「気軽」「涼し気」そして「自然」「ゆっくり」「静か」…そこから連想する場所が、浴衣が似合う場所、と言えるのではないでしょうか。