浴衣を綺麗に見せるポイント…襟

浴衣の襟が、首にくっついていると、チョット残念ですよね。

(私達はよく「襟が刺さっている」といいます)

綺麗ポイント…襟

自分の後ろ姿は見えませんから、しょうがないのですが…
これは、着付け時に気をつけるポイントが2つあります。

最初から襟を大きめに開ける

1つは襟は刺さりやすいと観念して、最初から大きめに襟を開ける です。

私は着付けを教える時は、いつも「拳一つ分開けて」と言っています。
ちょっと開け過ぎじゃない?と思われそうですが、最初にこれくらい開けておくと、四苦八苦した後、ちょうどいいくらいの開け具合になります。

背中のシワを伸ばす

2つ目は、「背中のシワを伸ばす」です。

襟の開きを決めた後、紐で胸のあたりをしばりますよね。
その時にできる背中のシワを綺麗にすることです。

紐を締めると着物の背中に必ずシワがよります。
着物の生地は、縦にシワがあると、上下に動きやすいのです。

その為、背中の生地は、動いている間にだんだん襟が、首に近づいてくる、というわけです。
このシワを綺麗に伸ばすことで、この動きを少しは止めることができます。

方法は簡単、両脇の開いているところから背中の布を持ち、両脇に引っ張るだけ。
見なくても背中のシワは、綺麗に伸びています。

それから、出来れば、姿勢は、猫背にならないように…

着物を気慣れてくると、普段から背筋が伸び、それほど襟も刺さらなくなるのですが、夏にしか着ない着物ですからね、しょうがないんですけど…

襟を直す時は…

外出中に、この襟を直す時は、帯の下のおはしょりを、そっと下に引っ張りましょう

背中心を1箇所をつまみたくなりますが

両手を後ろに回し、2箇所(矢印の場所)を持ち、引っ張ると、綺麗に襟が抜けます

 

 

 

 

 

 

しかも1箇所ひっぱるより、長く持ちます。