浴衣を着て出かける時は和装肌着を付けたほうが絶対いい!…という話

浴衣の着付けをする時「肌着をご用意ください」というと、たま~に「浴衣って素肌に着るものでしょ?必要?」という方がいます。

そのまま家にいて、寝るだけの寝間着としての浴衣なら確かに下着はつけなくてもいいでしょうけど…パジャマで外には出ませんよね。

出掛ける時の浴衣は、寝るだけの時に着る浴衣とは別のもの…
外着として着る浴衣は、あくまでも外出着と考えましょう。

和装肌着を付けたほうがいい理由とは

浴衣を着て外に出る時は、パンツの他に下着(最低でも上下)を付けましょう。

もし、パンツ(ショーツ)だけで出かけたら…

かなり恥ずかしいパターン

浴衣にパンツだけだと…
・パンツの形によっては、ゴムの線が見える
・着物の地色が白系の場合、色ものや柄物のパンツなら透ける
・万が一、裾がはだけたら、腿まで見えてかなり色っぽい…いや、はしたない。
・着崩れして、直接、胸がはだける可能性もある。

本人もさることながら、もし一緒に歩いている人がいたら、その人も恥ずかしい思いをする事になります。

なので…
パンツの線や胸を出さないためにも、下着(上下)を付けましょう。

浴衣の下着は和装用をおすすめしたい

浴衣の下に肌着を付ける主な目的は

・汗を吸い取る
・裾はだけ防止

の2つです。

なので、今あるもので間に合わせたいという方には、上は襟ぐりのひろいTシャツかタンクトップ、下はペチコートを用意していただくこともあります。

…でも、できれば和装用の下着を用意していただきたい。

 

和装用がなぜ、いいのか

和装用肌着は着物と似た形なので、着物を着た時、表に影響がでないように作ってあるからです。
・襟が抜けているので、襟ぐりがキレイ。
・裾も短めで、着物仕様なので歩きやすく足(内もも)が見えにくい。

その他にも
・汗取りになる。
・下着の色や線を目立たなくする。

和装用下着とは

肌襦袢、和装下着、和装肌着、着物ランジェリーと色々な呼び方があります。

【形】
「上下(上=肌襦袢、下=お腰)セット」と「ワンピース型」の2タイプがあります。

以前は和装の下着は「肌襦袢」と「お腰」と言って上下に分かれていました。
最近は、その上下が合体し一体型(ワンピース型)の物が多く出ています。
何といっても着やすいですからね。

浴衣なら、ワンピース型の方をおすすめします。

【素材】
上(身頃)部分は、汗のことを考えたら木綿がいいでしょう。
お腰または、ワンピースの下身頃は、木綿よりは滑りの良いポリエステル、ベンベルグなどがおすすめです。

ちなみに私の肌着は
・ワンピース型
・襟ぐりの深いもの
・身頃はガーゼのような生地、下身頃はベンベルグ
です。

※ベンベルグは、静電気が起きにくいのでまとわりつきません。
※襟ぐりが深いと、どんな着物にも使えます。
(例えば花嫁衣装を着る時とか…)

そう言えば、ワンピースタイプの肌襦袢は当時「花嫁スリップ」と呼ばれていました。
20歳頃、買ったのですが、もちろん今でも使っています。

浴衣用

ゆかた下着物スリップL(浴衣スリップ)

浴衣用は、生地がかなり薄く軽くできています。

和装ブラも付けると完璧!

数年前までは和装ブラは、ありませんでした。
なので、胸が大きい人などは着物を着付ける時、さらしをまいたり、胸の下にタオルを巻いたりして、補正をして出来るだけ凹凸を出さないようにしたものです。

でも近年、和装ブラが出始めると補正の手間が省け、さらしを巻くようなことはしなくても、綺麗に、より短い時間で、着付けができるようになりました。

女性の胸は、押さえるものがないと動くので、特に、浴衣のように薄い着物一枚では、どうしてもはだけやすくなります。伊達巻は胸を抑えるアイテムではありますが、胸の大きさによっては押さえきれない場合もあるのです。


ニュー和装ブラジャー S M L LL 3L 4L 5L 白 ピンクベージュ モカ 補正下着 着物肌着 フロントファスナー 着付け小物 着物ブラジャー きもの下着 浴衣ブラ 和装ブラ ブラジャー 日本製 浴衣下着

スポーツブラも多少は胸の動きを止められますが、やはり和装ブラの比ではありません。和装ブラは、胸を押さえる(つぶす)役目をするので、ほぼ、はだけることはありません。そして、胸のラインが綺麗になります。

初めての着物が浴衣なら、是非使ってください。