浴衣選びを迷った時は「身長、太さ、表情」にあわせて「色・柄」を選ぶという話

背の高い人や低い人・大柄な人や小柄な人によって、似合うと言われている柄やデザインが有るのをご存知ですか?せっかく浴衣を着るなら、自分に似合う物を選びたいですよね。

浴衣の選び方は、人によって色々有ります。
ちなみに、ここで取り上げているのは「いくつかある選び方の一つ」だと思ってください。

身長と柄の関係

浴衣を選ぶ時、本当は気に入ったものが見つかったらそれを着るのが一番です。
なぜなら、好きな浴衣を着ていると思うことが楽しいと感じるからです。
(「似合う」と勧められても、自分が気に入らなければ、着ても楽しくないですからね。)

でも、洋服と違って浴衣の「色」や「柄」や「デザイン」は、着物独特のものなので、結構戸惑うものです。慣れていませんからね…。

着物屋さんに行けば、店員さん自身の販売経験から、お客様の「身長、太さ、表情」をトータル的に見て、“この人にはこんなのが似合いそうだ”とピンとくるものを持ってきてくれます。「お任せ」で失敗は、ほぼありません。

が、そんなアドバイザーがいない「ネット」や「スーパーの片隅にある袋入りの浴衣」の中から選ぶ場合は、「これもいいけど、あれもいい」と決められない人、逆に「どうやって選んだらいいのかわからない」という人もいます。

そういう時は「選ぶポイント」があります。ぜひ参考にしてみてください

身長

背が小さい人は「小さい柄」背の高い人は「大きい柄」というのはよく聞きますね。

背の低い方、華奢な体型の方に似合う浴衣

小さい体を「少し大きく見せる」ために、大柄の模様は避け、小さめの柄、暖色系の膨張色の浴衣を選びましょう。
背を高く見せるためには、浴衣と帯の色を合わせると良いようです。

背の高い女性に似合う浴衣

背の高い方には、逆に小さな柄ではなく大きな柄が似合います
背が高いことで強い印象が気になる人は、ピンクやオレンジの暖色系を使うのも手です。

体型

太く見せたくない…基本は洋服と同じかもしれませんね。

ぽっちゃりの体型に似合う浴衣

紺や藍地の浴衣や、縦のラインが入っている浴衣を着ると、体型をすっきり見せることが出来ます。
また、あえて帯や小物にインパクトのあるものを身につけ視線をそちらに向けさせることで、体型が気にならなくなる効果もあるようです。

痩せている人に似あう浴衣

濃い色よりは淡い色や明るめの色。柄は大きすぎず、小さすぎずがいいでしょう。
多少「華やかさ」を意識してもいいと思います。小物は同系色がおすすめです。

それでも、寒色系やシャープな柄以外なら、比較的なんでも似合う体型といえます。

顔立ち

着物の柄は顔に反映される…意外かもしれませんが「顔うつり」という考え方です。この柄は顔に合う、合わない、という言い方をするのですが、柄によって「雰囲気」が変わるということ…ちょっと難しいかもしれませんね。

はっきりした顔立ちに似合う浴衣

ユリや太めの縦縞などシャープなデザイン、そして現代的な柄、流行の柄を選んでみましょう。
また、地の色とコントラストのある帯を締めるのもひとつです。

柔らかい顔立ちに似合う浴衣

柔らかなやさしいお顔立ちの方は、淡い色合いのふんわりした柄(花なら朝顔や小菊など)のものを。
女性らしさがより一層引き立ちます。

まとめ

似合う、似合わないは、本来「いろんな種類のいろんな柄の着物を着てみてわかる事」です。

それぞれの基準(身長、太さ、表情)は、選ぶ人の基準なので、正直、「正解はない」のかもしれません。
だから、もちろん、これはほんの一例です。

着物屋さんで働いていた時の経験や、先輩から受けた教えを含めて、統計的な結果でのアドバイスと思っていただければ、と思います。

自分に合った浴衣を見つけて、あなた好みの浴衣ライフをエンジョイして下さいね。