浴衣の選び方…浴衣の地色「白色」と「濃い色」どっちにする?

浴衣は着たいと思ったものを選んでもらうのが一番なのですが、それでも決められない方が多いです。
なぜなら、着物を着たことがないと「自分の浴衣姿を想像できない」からです。

…慣れている洋服ならあまり迷わないのですが、着物は難しいようです。

そういう時、浴衣の地色から決めましょう。

ほぼ2択ですけどね。
「白地」にするか「濃い色」にするか、です。

浴衣の「白色」「濃い色」は「着る時間帯」で違う?

浴衣はもともと湯上がりに着るのが目的でした。

なので、主に夕方以降に着られるものだったのです。
確かに朝から浴衣を着ている人を見たことはありませんね。

昔の人は、夕方のまだ日がある時は、藍色の浴衣を、夜は白地の浴衣を着たそうです。(諸説あり)

湯上がりの浴衣、といえば、温泉をイメージしますが、確かに、温泉旅館で出される浴衣は白地が多いです。
あれは寝間着でもあるのでやはり「夜用」という事になるでしょうか。

白地の浴衣は「夜に着るもの」

白地の浴衣は「夜浴衣(よるゆかた)と言われ「夜に着るもの」と言われています。
その理由は「夜目にいい」から、だそうです。
※夜目=夜、暗いところで物を見ること。はっきり見えないので綺麗に見える、ということらしい。

さらに白地は、涼し気なイメージもあり、見ていてもすがすがしい感じがします。
花火や夜祭りに行くなら、白地を選んでもいいでしょう。


初心者OK!選べる19柄♪浴衣 セット レディース レトロ 安い 大人 浴衣セット 1人で簡単に着れる♪(ゆかた・作り帯・下駄・カタログ)豪華浴衣4点セット【あす楽対応】【楽ちん!作り帯仕様】白 紺 レトロ モダン 可愛い 2018 送料無料 モダン

濃い色の浴衣は「昼に着る」

そうなると、必然的に夜以外に着るのは濃い色の浴衣、という事になりますね。

地色の濃い浴衣は、透けにくいという利点があります。
明るい日差しの中で、白い浴衣は(生地の種類にもよりますが)下着の線や体の形が透けやすい、ということもあります。濃い色なら、それほどではないので、やはり「夕方(昼間)向き」とも言えます。

昼のランチ、買い物などの時におススメです。

初めての浴衣なら、濃い色の浴衣がおすすめ

初めての浴衣なら、個人的には濃い色の浴衣をお勧めします。

白地の浴衣のデメリットは(難点)は、
・汚れが目立ちやすい
・下着の線が出やすい
・昼間は透けることがある

というところでしょうか。
初めて浴衣を着る場合、そこまで気が回りませんよね。

濃い色の浴衣は「全体的に見た目が締まる」ので、多少の着崩れも目立ちません。

そういう意味では、彼氏と花火を見に行くとしても会うのが昼や夕方からなら、白地よりは濃い地色を選んだほうが無難かもしれません。

送料無料 浴衣 レディース 3点セット (ゆかた/帯/下駄) 紺 菊 (ネイビー/菊) 【国産染め 華かづら古典 変わり織り浴衣 紺地 牡丹菊(d4599)】 お祭り 花火大会 浴衣 セット 20代 30代 2019 浴衣 ホンコンマダム

まとめ

一番いいのは、白地と濃色地の浴衣を2枚持っておくことです。
そうすれば、出掛ける時間に合わせて使い分けできますからね。

はじめての浴衣は、セットになっているもの(最低でも帯がセットされているもの)を選んだほうがいいと思います。

例えば、
最初に濃い地色の浴衣のセットを購入しますよね。
上の写真のようにピンクの帯が付いていれば、次に白地の浴衣を購入した時にも(ピンクは白地に合わせやすいので)使うことができます。

逆の場合は帯の色によっては、地色と被る恐れもあるので、色選びはちょっと慎重になります。もちろんそっちもセット買いすれば、全然問題なしですけど(笑)。